お知らせ


INFORMATION

営業時間内であっても所要により工場不在の場合があります。お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご来店の際は、あらかじめ電話等でのご予約をお勧めいたします。

★臨時休業のご案内★
●月●日~●月●日は休業となります。ご了承下さい。

ホームページをリニューアルしました!(2013.07.01)

(RINSEI LAB Official Web Site)   http://rinsei-lab.com/

2014年5月1日木曜日

ノギス

代表的な測定機器であるノギス。

一般的なノギスでも0.05ミリの測定が出来るという事だが実際は0.1ミリまででしょうね~。

さらに精密な測定が必要ならばダイヤルノギスかデジタルノギスということになります。

今まで使用していたダイヤルノギスの信頼性が落ちてきたので購入を決意。
読み取り精度はダイヤルもデジタルも0.01mm!

多分、大多数はデジタルを選択するのではと思いますが
私は悩みまくって最終的にダイヤル式を選択しました。

決してデジタル嫌いな訳では無いのですが・・・何故かノギスはアナログ派なんです。

とはいえフレーム造りでこのノギスを使用するのはフォークに下玉押しが圧入される部分の1箇所のみなんです!
競輪フレームのサイズで言えば内径27.0mmの下玉押しが圧入されますから、フォークの方は27.02~27.05辺りを狙って旋盤で切削していきます!
この精度がいい加減だと下玉押しが割れるトラブルが発生するので要注意です。



 デジタルノギス

ダイヤルノギス

0 件のコメント:

コメントを投稿